早く転職したい

すぐに転職することができました

本当にすぐに転職したいけど…

 

今回、仕事や会社がイヤになって、初めて転職しようと考えている人は、本当にすぐに転職できるかどうかわからないと思います…

 

転職活動期間はどこにも書いてないし…、今の仕事が本当にイヤならすぐに転職したい!と思うのが、本音だと思います。

 

意外に時間がかかっている場合もある…

 

転職活動の平均2ヶ月と言われていますが、これはいろいろな方法でやった平均なので最短で転職活動した結果とは言いがたいです。

 

転職サイトをうまく使えばスムーズに進められます☆(^^)/

 

といっても、転職の経験がない方はいろいろ分からないこともあるかと思いますので、僭越ながら、ここで私の転職経験をご紹介します!

 

目次

 

1. 最短で転職するために必要な5つのポイント

2. 最短で転職するための転職サイト

3. 次の転職に失敗しないために知っておくべきこと

4. 転職成功体験談

5. まとめ

 

 

すぐに転職するために5つの重要なポイント

 

すぐに転職するためには、コレははずせない!というポイントがあります。私も、最初は、手探りで始めたので、思った以上に、時間がかかりました!しなくていい苦労はしないほうがいいです、効率もよくないですし、、(-_-)

 

ここでは、私が経験してわかった、すぐに転職するために必要なポイントをご紹介します。

 

ひとりで転職活動を進めない

 

まず、すぐに転職したい場合は、ひとりで転職活動を進めないほうがいいです!初めて転職する人は、内定までの流れや、転職の進め方が分からないことで時間的なロスをします!

 

自分ひとりで進めようとし、挫折する人もいます。せっかく、次に向けて前向きに取り組んでいるのに、自分ひとりで進たことで、転職を投げ出すのはもったいないです。ひとりで進めずに、転職サイトの担当者に、適切にアドバイスをもらいながら、進めたほうが効率的です(^^)/

 

ハローワークを利用しない

 

ハローワークは、タウンワークなどの求人誌で仕事を探すのと同じように、自分で求人をみて、自分で応募する形になります。上記の通り、転職をひとりで進めることになるので、利用しないほうがいいです。

 

また、ハローワークより転職サイトを利用するほうが、表に出てこない非公開求人を取り扱っているので、求人数が圧倒的に多く、自分の希望に合致する求人に当たる可能性が高まります!(-_-)

 

転職活動の時間配分を増やす

 

転職活動をするなら、在職中にしたほうがいいです。トントン拍子で話が進めばよいですが、転職業界、もしくは転職希望の業界の好況・不況によって、転職がなかなか進まない可能性があります。会社を辞めて、徐々に生活費がなくなっていき、転職活動もがうまくいかないと精神的に追い込まれます。

 

そのため、働きながら転職活動ができるように、今の仕事を最低限こなすようにし、転職活動の時間を、1日の中に少し配分するようにしてください。どうしても難しい場合は、1週間で数時間確保するだけも違います。(ただし、その場合は転職活動のスピードが遅くなります。。。)

 

スピード感持って、転職したい場合は、1・2時間/1日は確保するようにしたほうがいいです。

 

事前に次の転職先を考えておく

 

1日の中で時間を確保できるようになったら、今度は、次の転職先について考えます。次の会社は、同業種にするのか、違う業種にするのか、給料は下がってもいいのか、通勤時間はどの程度まで許容できるのか、自分の中で基準を作ります。

 

転職する先が決められないというだけで、時間的なロスが生まれます。次の転職先の基準を明確にしておくと、担当者と話を進める際にも、スムーズに行えます。

 

書類を予め用意しておく

 

ここまできたら、次に、【履歴書】【職務経歴書】を用意しておきます。特に、職務経歴書は、今までの自分の仕事の実績を書くものです。自己アピールがうまくない日本人としては、各内容や書き方に慣れていません。

 

転職先企業の担当者は、まず書面であなたを判断しますので、職務経歴書は、ある程度記載しておく必要があります。フォーマットや書き方はネットで調べればありますが、1番大事なのは、中身、書いている内容です。

 

何を書けば良いのか、わからない人は、まず、今の仕事内容で会社に「数字面」で貢献したこと、時系列で書き出してみていってください。

 

 

お勧めの転職サイト

 

すぐに転職するには転職サイトを利用したほうがいいです。転職業を生業している、いわゆるプロの担当者が転職をサポートしてくれます。餅は餅屋ではありませんが、やはり、ひとりで進めるよりプロの助言をもとに進めたほうがいいです!

 

マイナビジョブ20S

転職サイトを利用するなら、マイナビジョブ20Sが1番お勧めです☆ここは年齢:23歳〜29歳、地域:東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、三重、岐阜、大阪、京都、奈良、兵庫が対象で、就業経験が必要です(-_-)

 

20代に特化したサイトだけに、20代向けの求人も多いですし、20代を担当しているだけに、親切で親近感持てました☆転職のアドバイスも的確でした!本気ですぐに転職したいと思う人は、まず登録して担当者とアポ取るところまでやってみるといいですよ

 

 

>>マイナビジョブ20Sの詳細はこちら

 

 

リクルートエージェント

あとリクルートエージェントもお勧めです!マイナビジョブ20sを利用できない人は、リクルートエージェントを使うといいです。リクルートにはマイナビのように制限がないです。リクルートは転職業界では、パイオニア的な会社で、まだまだ業界内では、力を持っています。

 

担当者の方も親切・丁寧で、力量があります。こちらも流れはいっしょで、まず登録してアポを取るまでやってみてください☆

 

 

>>リクルートエージェントの詳細はこちら

 

 

リクナビNEXT

あまりお勧めしませんが、どうしても担当者といっしょに転職を進めたくない人はリクナビNEXTがあります。こちらは登録していると、相手先企業からオファーがきます。その求人をみて興味があれば、応募して面接を受けるという流れになります。

 

すぐに転職したい人には向きませんが、念のため、転職サイトのひとつとしてご紹介しておきます。

 

 

>>リクナビNEXTの詳細はこちら

 

 

 

次の転職に失敗しないために知っておくべきこと

 

転職って、どんな人でも成功するものではありません。良かれと思って、やった転職先でもうまくいかないことがあります。ここでは、転職を失敗しないために予め知っておいたほうがよいことをご紹介します。

 

人間関係が原因での転職はやめたほうがいい

 

転職したい理由の1位は、前会社で人間関係がうまくいかなかったです。しかし、本当に人間関係がうまくいかないだけで、転職しようとしているなら辞めたほうがいいです。なぜなら、転職先でも人間関係はあります。転職先の面接官も、うちでうまくやっていける…?と不審になります。

 

仕事がうまくいっていて、人間関係だけダメという理由なら、今の会社でなんとか改善できないか、手を尽くして改善したほうがいいです。もう何やっても改善できないという特殊な場合は、転職理由にして大丈夫だと思いますが、人間関係がうまくいかないで転職というのは控えたほうがいいです。

 

20代はポテンシャル採用がある

 

よく入社1・2年目で会社を辞めると、次の会社はどこも自分を取ってくれないのでは?と思っている人がいます。しかし、世の中にある会社の中には、1回目の就活に失敗した、20代を獲得したい企業はあります。

 

あとは、どれくらい前職を退社したイメージを払拭しつつ、前向きな姿勢で次に望めているか、がポイントです。1度、会社を辞めても転職できないことはないです。

 

退職理由と志望理由は受け答えを用意しておく

 

絶対といっていいほど、退職理由と志望理由は、聞かれます。突っ込まれても、自然に言い返せるようにしておいたほうがいいです。あとは志望理由もそうです。今までの職歴と照らし合わせながら、突っ込まれそうな質問を想定し、返答を用意しておくといいです。

 

 

転職成功体験談

 

あと、転職した人たちってどんな転職をしたのか気になるのではないでしょうか?、どんな職業からどんな職業に転職したのか、どんな会社からどういうところに転職したのか、知人たちの体験をご紹介します。

 

ブラック企業から中小の飲食店チェーンに移りました

 

どうも、リョウと申します!大手のサービス残業ばかりの飲食店から、中小の飲食店に転職しました。飲食店がキライになったわけではなく、会社の仕組みや、信用ができないのが、問題でした。

 

残業代が3ヶ月払われなかった時点で、マイナビジョブ20Sに登録して、担当の方に相談しながら、転職先を探しました。転職先も若い人がほしかったみたいで、会社の体制など確認した上で、入社しました。

 

会社の仕組みが、前の会社より整っているので、仕事の内容は変わらずに、残業代が払われるという、きちんとした?会社で働けてますw

 

残業代も払えないように会社に長居する必要ないです。なにか理由があって、納得しているなら良いですが、そうでないなら、自分が転職できたので、みなさんもチャレンジしてみてください☆(^^)/

 

中小ベンチャーから外資大手に転職しました

 

どうも、タカユキともうします!中小でエンジニアをやっていましたが、今回、他のシステム案件にも携わりたいということで、転職しました。中小では若くして、システム部長までやらせて頂いたので、その実績が大手に認められました(^O^)

 

大手に転職するまでに1ヶ月もかからなかったです。転職したいと思ってから1ヶ月ぐらいだったので転職スピードは早いほうだったと思います♪

 

システム営業から人材派遣企業へ

 

どうも、タカシと申します!私は、システム営業から人材派遣に転職しました。どちらも営業職なので、仕事は変わらないです。ただ、人材派遣のほうが、インセンティブが良いので、自分の力を試すのに、ちょうど良いと思いました☆

 

新卒で入社して営業で培った経験を違うところで試してみたいと思ったわけです。今は、人と人をつなぐ営業の難しさを楽しんでいます!みなさんも転職で、新しい自分を探してみてください。

 

会社の新規立上げに参加しています

 

どうも、ミサと申します。私は前職では、海外の取引先との窓口として、海外交渉をまかされておりました。規模的には、ベンチャー企業で、ほとんど仕事をまかされており、裁量を任されておりました。

 

前職も刺激的で充実した日々だったのですが、もっとスケールの小さい会社で、立上げから関わりと思って、今の会社に転職しました。私の場合、そこの社長から誘われて入ったので、転職活動というものはやっていません。話が進んで、会社をやめてから、すぐに働き始めたので、結果的に、1週間ぐらいで転職できたかたちですw

 

友達も同様の形で、転職しましたが、給料が未払いだったりして、また別の会社に転職し直す人もいました。こういう話は早いですが、本当に信用できる人意外は乗ってはダメです!(-_-)

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?どのようにすれば転職というゴールにたどり着けるのか、イメージできましたでしょうか?前職では、苦渋を飲まされました!肉体労働にもかかわらず、残業代が払われない、会社は環境を変えようとしない、と散々でした。でも、それは転職という選択で変えることができました☆

 

みなさんの今の状況を変える、ひとつの選択に転職という方法があると思います。一旦、自分を落ち着かせて、ひとつひとつ行動していけば、自分の人生は変えられます!(^^)/

 

焦らず、ひとつひとつ行動を起こしていきましょう!